コスモス

これ、各地の街ではどこに設置してあったのでしょう。
僕の当時住んでいた町では、駄菓子屋さんの入口横に
自動販売機と並列して置いてありました。

「コスモス」
実はこの呼び名を知ったのはほとんど大人になってからで、
子どもの頃は別の呼び方、あるいは“あれ”“これ”などの
指示代名詞を使っていたような記憶がぼんやりあります。

画像出典: コスモス (玩具メーカー) – Wikipedia

何より記憶にあるのは、がしゃんと下げるレバー。

もちろんレバーを下げるとおもちゃが出てくるのですが、
そのレバーは意外なほど重めで、
そのことがなぜかおもちゃへの期待感とフィードしていく感覚を覚えています。

しかしながら、出てくるものはどこか期待はずれだったような。

おぼろげながら、「当たり景品」なども存在していたように思います。