グリコ キャンレディー

キャンレディーは、1984年にグリコから発売された商品。
「ヨーグルト」「ストロベリー」「レモン」の3種類で展開されていた、
キャンディ菓子です。

その最大の特徴は、なんといっても「六角形の箱」
丁寧に角を丸く加工されたそれは、
箱というより「ボックス」と表現したくなるほどよくできていました。

こうしたいびつなかたちにすると、
なんとなく店頭で陳列した際にデッドスペースが生まれて不利な気もするのですが、
それでも当時の子どもたちの間では大ヒット

箱の中に入っているキャンディも「ハート型」だったりして、
とにかく女子の心をわしづかみにしたのです。ぎゅっと。

画像出典: 懐かし探求の旅日記

このヨーグルト味の箱の色味がいいですよね。
青と緑を混ぜて、ぐっと薄めたような色。
ハルクになりかけているブルース・バナー色というか、とにかく絶妙な色合いです。

CMもあったようですが、正直、あまり記憶にない。
堀ちえみさん。
1985年というとかなり幼いころなので、認識がうすいのかもしれません。

キャンディや箱の形状は、
「おいしさ」や「安全性」の先にあるいわば「不要な付加価値」
それでも、急速に豊かさを増す暮らしの過程では、やはり必要な価値だったのだと思います。

しかしながら、言い換えれば「余裕」から生まれるこうした美的表現を手にして、
それでもやはりキャンディを食べきった後は箱を大切にとっておき、
しっかりと「小物入れ」などに使っていた当時の様子を思い出すと、
なんとなく胸があたたかくなります。