こえだちゃんと木のおうち

80年代から90年代にかけて、少年時代を過ごした男の子。

僕らが夢中になったものといえば、
「コロコロコミック」はもちろん、「SDガンダムBB戦士」「元祖SDガンダム」、
「ゾイド」「カードダス」などさまざまありますが、
一方で女の子はどうだったのでしょうか。

男性の僕にはわからないことも多いのですが、
妹がいたのでところどころは分かります。

そんな記憶のひとつが、この「こえだちゃんと木のおうち」

おそらく対象年齢は3歳から4歳程度だと思うので、
妹がかなり小さい頃に遊んでいたのを目にしたのでしょうが、
その存在感と妙なジオラマ感がなんとなくたのしそうで、
羨ましく見ていたことを覚えています。

画像出典: Middle Edge(ミドルエッジ)

初代の発売は、1977年。

2018年現在も発売はされていて、
なんと40周年を超える人気シリーズとなっています。

ちゃんと歴代のPVもあるようですよ。

その特徴は、なんといってもおうちの各所に散りばめられた細かいギミック

有名な「天井が開く」仕掛けをはじめ、
ハンドルにより上下するエレベーターブランコなど、
男の子でもわくわくしてしまうような遊びがいろいろなところに盛り込まれていました。

思えば、「木」というシンプルな形を模した形状ながら、
各所に工夫を凝らすのはたくさんの手間とこだわりが詰まっている気がします。

2017年に発売された最新のものでは、電動の仕掛けがあるそう。

進化しているのですね。すごいぜこえだちゃん。