いちごスプーン

「いちごを食べるときのためにつくられたスプーン」。

嗜好が細分化されて、ニッチなニーズに応えるサービスが
たくさん登場するいまとなっても、
相当エッジの立った商品だなあと思います。

具体的には、いちごをつぶすためのスプーン

1960年代以降、アメリカから輸入されたいちごは
酸っぱいものが多かったため、
いちごをつぶし、砂糖や牛乳を混ぜて食べることが流行。

その潮流を受けて生み出された商品だったようです。

画像出典: Bnet 業務用総合卸売市場

これ、最初に家の引き出しでみたときは疑問符だらけでした。

いちごをつぶすという発想自体がなかったため、
「このブツブツはなんだろう」
「平たい」
「妙に小さい」など、
得体の知れない存在だったのです。

結局、その本来の使い方でいちごをたべたことはなかったなあ。

1980年代は、もういちごも甘くなっていたのでしょうか。

デザートとして出ても、
練乳などをかけてそのまま食べることが
ほとんどだったように思います。

ちゃんと販売中ですよ。

SALUS クラシック イチゴスプーン (食器 カトラリー グラス まんまる堂)

価格:196円
(2018/5/19 11:19時点)
感想(0件)

一度だけ、「普通のスプーン」でつぶしてみようと試みたことがあります。

なんとなく「ちょっとつぶして食べてみようかな」と
気まぐれがよぎったのでしょうね。

しかしながら、じっさい普通のスプーンでつぶそうとすると、
ツルツルすべって上手くできない。

やっぱり、いちごをつぶすにはこのスプーンしかない。

しかないわけでもないか。