グリコ カフェゼリー

カフェゼリー。

僕の家では、単純に「コーヒーゼリー」と呼んでいました。

1979年の発売後、
「苦みのあるコーヒーゼリーに、別添のミルクをかけて食べる」
というスタイルがおいしく珍しく、
ちょっと大人な定番のデザートとして
さまざまなスーパーで販売されていました。

画像出典: 遠ざかる昭和を懐かしむ

人によって食べ方は違うんでしょうか?

僕の家では、
「蓋を開けてミルクを入れて」→「スプーンでかきまぜて」→「食べる」
という方法をとっていました。

ひとくちサイズになったコーヒーゼリー、おいしかったんですよね。

ミルクと混ざることで味にムラができ、飽きない味わいになっていました。

調べてみると、2015年にリブランドされていたよう。
もちろんいまでも発売されていて、
amazonなどのECサイトほか、さまざまな方法で購入可能。
今度、食べてみようかなと思います。

CMも、たしかありましたよね。

「グリコ カフェゼリー!」というブランド名を呼称する声を、
なんとなく覚えています。