バーコードバトラーII

いつの時代も、対戦ゲームは大人気。
競ったり戦ったりは、男の子ならみんな夢中になるものです。

そんな対戦ゲームの一つが、バーコードバトラー
一般商品についているバーコードを読み取り、HPやMPが表示される仕組みでした。

写真の「バーコードバトラーⅡ」では、4人対戦までできたんですよ。

画像出典: ViRATES [バイレーツ]

わりと世界観もしっかりしていて、主人公や敵キャラまでいたはず。

調べてみると「Ⅰ」の段階では、
「バーコード星雲」にある「コンビニエンス星」という惑星が舞台だそう。

ネーミングの安易感がすごい。

エポック社。さすがですね。
「バーコードで戦う」って、その企画自体すごいなあと思います。

僕の周囲では、「海外製の商品が強い」という
まことしやかな噂が流れていましたが、たぶんガセだと思います。