VHSのツメ

磁気データで構成されているVHSは、データの上書きが可能。

ただし上書きを繰り返すと、画像が劣化したり
あるいは保存用の映像が消えてしまうなどのアクシデントがありました。

そんな不意の間違いを防ぐのが「ツメ」

画像出典: Bigphill Japan

ビデオの背の部分にあるこの”ツメ”を物理的に折ると、
上書き録画ができない仕組みでした。

こうして見ると、ただ単純に折れているだけですね。
デッキ側になにかしらの仕組みがあって、
上書きができないようになっているのでしょう。

当時は、ビデオデッキがリビングの中央にありました。
かなり大きいんですよね。どっしりとしていたはず。
家具もそれにあわせてつくられていたことを記憶しています。
CMだって、まさに最先端のイメージ。

「VHSのツメを折る」なんて、
こういう機会がなければ記憶の外側にいた思い出です。

当時では当たり前にやっていた、
そしていまでは忘れてしまっている細かい所作は、
きっとまだたくさんあるのだろうと思います。