スリンキー

スリンキー。

シャラララって鳴りながら動く。
祖父母の一軒家で、
階段を降ろそうと工夫したことを覚えています。

画像出典: feely[フィーリー]

僕らが子どもの頃は、おもに金属製のものだったような。
いまは、プラスティック製のものが主流のようです。
でも、あの”シャラララ”の音は金属特有じゃないのかな。

元々は、アメリカのおもちゃ。
最初の発売は、なんと1940年代!
80年代かと思っていたら、かなり前からあったんですねー。
まあ、シンプルな形状だからこそ、当時でもつくれたのかもしれません。

しかし、なんであんなふうになめらかに動くのでしょう。不思議。
そして、テクニックを磨き続けると……

こんな風になるそうです。すごい!

正確無比に重心を移動されていますね。
ここまで操れると、もはやショーのよう。

ちなみに「スリンキー」という名前は、
「優美で流れるように動く」という意味をもつそう。

このなめらかさは、40年代の開発当時から受けつがれているんですね。