島と大地の実り

島と大地の実り。

ちょっと野暮ったくて、でも新鮮な名前。
良いですね、島と大地の実り。
焼肉屋さんがつくったチョレギサラダ、みたいな。

なんとも言えないバランス感のネーミングです。
その賛否はともかく印象的ですよね。
「パパイヤサワー」みたいな商品名だったら、
おそらくここまで覚えていなかったはず。

画像出典: みんなの飲料品缶・ビンコレクション by Muuseo (ミューゼオ)

そんな島と大地の実りですが、
実は「現役高校生とコカコーラの共同開発商品」という
わりと思いきった企画を通じて生み出された商品のよう。

1994年当時の高校ですから、
いまちょうど40歳前後の方たちがつくったということでしょうか。

CMもありました。
やはり、共同開発部分をぐっと押していますね。

勝手なイメージですが、
なんとも「広告代理店感」がする商品。
残念ながら結果はあまりよくなかったようで、
特に女子高生向けに開発された「キスール」という方は、
印象にも残っていないように思います。

しかしながら、売上ビジネスとしては失敗でも、
ちゃんと記憶には残っているもので。
事実、僕にとってはパッケージを見てぐっとくるほど、
とても懐かしくて愛おしい商品の一つです。

味は「パパイヤ&レモン」
うーむ、思い出せない…。