北風小僧の寒太郎

小学校の頃、妙に怒りっぽい同級生がいました。

給食の時間、肘が当たると怒る。
遠足の日、おやつをもらえないと怒る。

「怒りっぽいやつだなあ」と、
女子からは嫌われ、男子からはなだめられ、
それでもやっぱり彼は、
怒ったり怒らなかったりしながら、
毎日を過ごしているようでした。

そんな彼が一つだけ、
なぜだか上機嫌になる瞬間があって、
それがこの「北風小僧の寒太郎」を唄うときだったのです。

なんのきっかけで、いつの頃から唄いだしたのか
いまでは定かじゃありませんが、
たしかにいつの頃からか彼はこの
「北風小僧の寒太郎」を朗々と唄っており、
それも鼻歌のようなものではなく、
教室の教壇の上で、
みんなが注目する中で唄っていました。

そんな思い出の歌、「北風小僧の寒太郎」。

画像出典: 旅と図書館

NHK「みんなのうた」の一つだったと記憶していますが、
あれ、寒太郎、こんなやつだっけ。

なんとも言えない顔をしている。

画像出典: 旅と図書館

どことなく、仕事ができるっぽい
とにかく、なんとも言えない顔です。
もっと朴訥とした印象でしたが……。

歌もありました。
そうそう。こんな曲。
僕の記憶ではもちろん同級生の彼の声ですが、
なるほど実際はこんな声だったのでした。

なんとなく聞いたことのある声のような。

演歌歌手の人かなあと思って見てみると、

画像出典: みんなのうた「北風小僧の寒太郎」 – YouTube

まちゃあき!

僕らの小学校の頃から、
いまなお現役でご活躍されている。
そのことに驚くと共に、
同級生の彼は、堺正章さんイメージで
あれを朗々と唄っていたのかと、
妙に納得してしまいました。

そういえば、少し軽妙なトーンだった。