さくらんぼの詩

さくらんぼの詩。
まるで昭和の歌謡曲みたいな名前ですが、
これ、ありましたよね。

パッケージの包装が独特で、
なんとなく印象に残っています。
袋……これ素材、何だろう?
アルミ? アルミでしょうか。
とにかく、強度があってしなやか。

画像出典: Amazon | 味覚糖 さくらんぼの詩 10ツブ×10袋 | UHA味覚糖 | あめ・キャンディ 通販

このお菓子が活躍するのは、
なんといっても「遠足」の時。

というのもこの袋、中途保存が可能。
この閉じ口……呼称がわかりませんが、
とにかく開けたり閉じたりできる。

そのため、遠足などに持っていくと、
バスの中で1つ食べ、歩きながらもう1つ食べと、
時間をおいて楽しむことができたのです。
ただ、遠足では人気でしたが、意外に普段は選ばれない。

ちょっとだけ値段が高いことと、
1日で食べるには量が少し多いことが理由でしょうか。
なんとなく、僕も「遠足用」のイメージがあります。

CMも、あったんですね。
初めて見るかも……。

ちなみにこの閉じ口、
「ジッパー」というそうです。

思いのほかシンプルだった!