グレープマーブルガム

「マルカワ」のロゴでおなじみの、丸川製菓さん。
「マーブルガム」「フィリックスガム」など、
僕らの子ども時代からたしかにある人気商品を、
いまなお製造・販売されています。

その創業は、なんと1888年
明治21年ですよ! すごくないですか?

「香川県が愛媛県から独立した年」なんですって。
え、香川県って愛媛県に含まれていたの?
そっちのほうが驚きだわ。

画像出典: 丸川製菓株式会社/商品ラインナップ/アタリ付き商品

やはりこの「マーブルガム」が、どうしても思い浮かびます。
この、不思議にリアルなイラスト。
オレンジ、グレープ、そしていちごからなる3種の味。
懐かしいですよね。

やはり「オレンジ」が主役の印象なのですが、
個人的にはこの「グレープ」に愛着がある。

判官びいき的な感覚なのでしょうか、
なんとなく、1位以下を応援したくなります。
グレープが2位でしょうか。
周囲の人気は、いちごが劣勢だった気がします。

過去には、CMも流されていたようです。

この商品は残念ながら知りませんが、
当時からこうしたガムを扱ってらっしゃったんですね。

いまの子も、マーブルガムって認知してるのかな。
っていうか、駄菓子屋文化ってまだあるんだろうか。
減ってるけど、あるとこにはある。
って感じなのかな。